トイレ床の水のトラブルを解決する方法

トイレで起こる水のトラブルの中でも、水漏れは起こりやすいもののひとつです。しかし、トイレの床に水がたまっているときでも、必ずしも水漏れが原因とは限りません。床が水浸しになっているのを見つけたら、まずは水漏れかどうかを確認する必要があります。

■トイレの床に水がたまる原因

トイレの床に水たまりができている場合、主に次の原因が考えられます。水漏れと間違いやすいのが結露です。結露は自然現象のため厳密にいえば水のトラブルではありません。とはいえ床に水がたまっていると衛生面でも問題があります。まずタンクや便器、パイプなどが汗をかいていないかどうかチェックしてみましょう。
タンクの周りは水漏れが起きやすい場所です。水を流すための部品が故障していたり、タンクとパイプ、便器の接続部分の不具合などにより水漏れが起こります。タンクや便器自体にヒビが入っている場合は、トイレを交換する必要が出てきます。温水洗浄便座も水漏れが発生しやすい部分です。部品の劣化や故障のほか、リモコンの電池切れが原因の水のトラブルもあります。
便器と床の間から水がにじみ出ている場合は、接続部分に使われているパッキンの劣化もしくは設置不良の可能性が高いです。いずれの場合も便器を取り外す必要があるため、専門業者に依頼しなければなりません。

■床の水漏れを解決する方法

結露が原因で床に水がたまっているときは、結露している部分と外気の温度差をなくし、トイレ内にこもった湿気を逃がしてやる必要があります。こぼれている水をふき取り、カバーをつけたり換気扇を回したりして様子を見ましょう。
接合部分が緩んでいるだけのときは、締め直せば解決できます。部品の劣化や故障が原因の水漏れは、修理が必要です。タンク内に使われている部品は、10年程度が寿命だと言われています。設置から10年近く経過している場合には、トイレのリフォームを検討してみるのもよいでしょう。修理と交換のどちらがよいか、業者に相談してみることをおすすめします。
温水洗浄便座の故障は、自分で直すことはできません。業者に頼んで修理、交換してもらう必要があります。温水洗浄便座の耐用年数は10年程度ですが、実際にどれくらいもつかは使用状況によっても違ってきます。修理と交換のどちらを選ぶかは故障の内容や設置からの年数、費用などから総合的に判断することが大切です。

■まとめ
トイレで起こる水のトラブルの中でも、床からの水漏れは特に深刻です。発見が遅れれば家屋自体が傷んだり、集合住宅では近隣トラブルにつながる可能性もあります。水のトラブルを早い段階で見つけられるよう、トイレを使用する際には便器周りをチェックする習慣をつけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ