レバーの故障による水のトラブルを解決する方法

トイレを使用した後は、洗浄レバーを回して水を流すのが一般的です。トイレの水が止まらない場合はもちろん、水が流れなくなる前にも操作に違和感を感じることが少なくありません。回したとき空回りする、元に戻らなくなると水のトラブルが起こります。便器内に水が流れない、流れっぱなしになるだけでなく、レバーから水漏れすることもあるため注意が必要です。

■水のトラブルが起こりやすい洗浄レバー

洗浄レバーの先には玉鎖が取り付けられており、玉鎖はタンクの底にあるフロートバルブと呼ばれる部品につながっています。回すとフロートバルブが持ち上がり、便器内に水が流れる仕組みです。そのためレバーが劣化したり玉鎖が外れたりするとフロートバルブが正常に作動しなくなり水のトラブルが起こります。
水が流れない、止まらないときは、タンクのふたをあけて玉鎖の状態をチェックしましょう。洗浄レバーやフロートバルブから外れていたりずれている場合は、手直しすれば解決します。切れているときは修理が必要です。異常がない場合は、本体の軸が原因の可能性が考えられます。折れたり曲がったりしているときは、交換が必要です。

■故障したときの対処法

トイレの洗浄レバーが故障して水が流れなくなったときは、交換する前に応急処置として便器内に残っている排泄物を流しておきます。便器の周りに新聞紙や雑巾を敷き、バケツで勢いよく水を流し込みましょう。あくまで一時的な処置なので、そのまま使い続けたりせず、早めに交換することが大切です。水が止まらない場合は、止水栓を閉めておきます。
洗浄レバーの部品はホームセンターなどで手に入れることができます。メーカーや機種により使えるものは異なるため注意が必要です。故障したレバーを取り外して持っていくとわかりやすいでしょう。交換には部品以外にドライバーやモンキーレンチなどの工具も必要です。作業の前には止水栓を閉め、タンク中を空にしておくと作業性が上がります。購入した部品を取り付けたら、きちんと水が流れるかどうか確認してみましょう。ホームセンターが遠かったりすぐに直したいときは、業者に依頼する方が早く直せます。自信がない場合も、業者に頼むのが確実です。

■まとめ
洗浄レバーが原因の水のトラブルは症状が深刻な反面、ネジがゆるんでいたり玉鎖が外れている、ずれているだけのときなど、自分で簡単に直せることが多くあります。トラブルが起こったらタンクのふたを開けて原因を究明し、落ち着いて対処することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ