オムツ詰まりによる水のトラブルを解決する方法

トイレに流してよいのは基本的にトイレットペーパーだけです。詰まりによる水のトラブルの多くは流してはいけないものを流したために起こります。詰まりは物を落とした場合のように突然起こる場合と、徐々に悪化するケースにわかれます。主な詰まりの原因と対処法について理解しておきましょう。

■トイレに詰まりやすい物とは

通常の使用量であればトイレットペーパーが詰まることはありませんが、一度にたくさん使った場合や別のものを落として絡まってしまったときには詰まってしまうことがあります。トイレットペーパーの詰まりはお湯を流したりラバーカップと呼ばれる道具を使えば自分でも簡単に直せます。
同じ紙でもティッシュペーパーはほぐれにくいため、詰まりやすいです。流せるタイプの掃除シートやおしりふきなども詰まりやすい傾向にあります。大量に流すのは控えたほうが無難です。
トイレで嘔吐した経験をお持ちの方は多いでしょう。吐しゃ物は油分が含まれていることも多く、つまりの原因になる可能性があります。トイレで嘔吐したときは、いつもより多めに水を流すようにしましょう。
近年増加しているのが紙オムツによる水のトラブルです。子育てや介護中の人が疲れてうっかり落としてしまったり、お子さんが流してしまうこともよくあります。オムツには吸水性ポリマーが使われており、水につけると急激に膨張して詰まってしまい、水のトラブルになりがちです。オムツ以外にも生理用ナプキンやペットシーツにも注意する必要があります。
携帯電話やスマホ、ライターなどをポケットから落としたり、消臭剤のキャップやお子さんのおもちゃが落ちているのに気づかずに水を流して詰まるケースもよく見られます。溶けるもの以外が詰まったときは、業者に相談することが必要です。

■オムツが詰まったときの対処法

オムツをトイレに入れてしまった場合は、できるだけ早い段階で取り出すことが水のトラブルを避けるための重要なポイントになります。
オムツを落としたときは、水を流さずそのまま取り出してください。水を流してしまった場合でも、排水口から見えているときは、ナイロン手袋などを着用してから手を差し込んで取り出します。
排水口から見えていない場合には、自分で解決することはできません。トイレの使用をやめ、すぐに業者に連絡しましょう。オムツ詰まりは取り出すことが最大の解決策です。ラバーカップなどで押し流そうとすると、排水管の途中でとどまり取り出すのが難しくなります。取り出す以外のことはせず、信頼できる業者に依頼することが大切です。

■まとめ
専門家は水のトラブル解決に必要な知識と道具を持っており、経験も豊富です。解決の難しいオムツ詰まりも、排水口から20センチ程度のところでとどまっていれば、道具を使って取り出してくれます。費用は数千円程度が一般的です。20センチ以上先まで流れた場合には、便器を取り外しての作業が必要となり倍以上の費用がかかります。余分な費用を払わずにすむよう、できるだけ早く業者に連絡するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ