トイレで起こる水のトラブルを解決するには

トイレで起こる水のトラブルを解決するには 1日に何度も使うトイレは、水のトラブルが起こりやすい場所のひとつです。まったく使えなくなってしまった場合はもちろん、水の流れが悪かったり水漏れがあったりすれば、快適さを損なうだけでなく、水道代がかさんだり床や建物に被害が及ぶ可能性もあります。水のトラブルは早い段階で適切に対処することが大切です。
トイレで起こる水のトラブルは、特別な道具を使わなくても比較的簡単に直せるものも少なくありません。自分で解決する方法を知っていれば、余分な出費をせずにすみます。ただし、専門家に依頼すべきトラブルを自分で直そうとするなど、間違った対応は事態を悪化させる原因になるため注意が必要です。トラブルの種類と原因、解決する方法について理解しておきましょう。

■緊急性の高いトイレトラブル

トイレがひとつしかない家庭では、水のトラブルが発生して使えなくなってしまうと困ることは容易に想像がつきます。家族の人数が多かったり、小さいお子さんや年配の方がいる場合はなおさらです。2つ以上ある場合でも、トラブルを放置することはリスクを伴います。トイレットペーパーが詰まった場合など、時間がたてば自然に解決するケースを除き、すぐに対処すべきです。
自分で直せるトラブルも、そのまま使い続ければ業者に依頼する必要が出てきたり、便器内の水が逆流してあふれだしたり、他の部分の故障につながる可能性も考えられます。特に集合住宅では階下に迷惑をかける可能性もあるため注意が必要です。
水のトラブルは突然起こることもあれば、徐々に悪化するケースもあります。水が流れにくい、床に水がこぼれているなどのサインを見逃さないように心がけましょう。

■トイレで起こりやすい水のトラブルとは
タンクが原因のトラブルがよく起こります。水が流れない、止まらないときはタンクの異常を疑いましょう。タンクの中に水が溜まっていない場合には、止水栓が閉まっている可能性が高いです。水が溜まっているのに流れないときは、タンク内の部品が正常に作動していないことが考えられます。水が止まらない場合は、手洗い管やタンクへの給水部分、レバーの不具合が原因です。
詰まりは非常に起こりやすいトラブルです。流してもよいトイレットペーパーも、一度に大量に流せば詰まることもあります。誤って物を落とした場合には無理に流してしまおうとせず、専門家に相談することが大切です。
タンクには常に水が蓄えられているほか、パイプや便器など、水漏れしやすい場所が揃っています。特に温水洗浄便座は電化製品のため、水漏れしたまま使用するとやけどや発火などの危険もあります。温水洗浄便座から水が漏れているのを見つけたら、すぐに業者に連絡しましょう。

■トイレで水のトラブルが起こったら

詰まった場合は、自分で解決できる可能性が高いです。トイレットペーパーやティッシュなど溶けるものが詰まったときは、早く溶けるよう便器内にお湯を注いで様子を見ます。お湯が冷めないよう、便器内の水を汲みだしておくとより効果的です。詰まりがひどい場合や水に溶けないものが詰まっている場合には、無理をせず専門家の力を借りましょう。
水漏れの際は、自分で修理する場合はもちろん業者に依頼するときでも、最初に被害の拡大を防ぐために応急処置を行う必要があります。タンクの近くにある止水栓を閉め、温水洗浄便座が設置されているときは念のためコンセントを抜いておきます。水漏れしている部分にバケツやタオルなどを起き、床が濡れないようにしておくことが大切です。

■まとめ
水のトラブルでトイレが使えなくなると慌ててしまい、的外れな対応をしてしまう人も多くいます。まずは落ち着いて応急処置を行い、トラブルの起きている場所と原因を特定するところから始めましょう。
自分で手に負えない場合はもちろん、原因が分からないときも業者に相談すべきです。年中無休、24時間対応してくれるところなら安心です。修理にかかる費用は、現場を見なければ分からないことも少なくありません。必ず事前に見積もりをとり、修理内容について説明を受けてから、納得したうえで正式に依頼することがポイントになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース